月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

Top page 最新作はこの次の記事からです。



 水平線から昇る月  

こんにちは、月の詩人~たかゆき~です。
このBlog「月の詩集」では、自由詩を主に書いています。
時々、短歌や雑記なども練り入れてゆきます。

お気軽にコメントいただければ嬉しいです。
※非公開コメントは、表示されないですが、こちらも読ませていただいています。
(表示されなくても、管理画面、メールにて読ませていただいています。)


※拍手について※
拍手だけでも残していただければ【作品の評価】として、参考にさせていただいています。
拍手コメントは非公開になっていますが、読ませていただいています。
不定期ですが、お礼用の画像をupします。

※転載について※
このBlog「月の詩集」にある詩や写真は持ち出し自由です。
※転載の注意点※“月の詩人~たかゆき~”の名前も転載先に表記していただくこと。
もしくは、このBlogのURLを共に表記、またはリンクしていただけることが、持ち出し自由の条件になります。
著作権は“月の詩人~たかゆき~”に帰属しています。
持ち出すときには、事後報告でかまいませんので、コメント欄、メールフォームから連絡していただけたら、
うれしいです。

※リンクについて※
リンクはフリーです。

※コラボレーション作品について※
私、月の詩人と創作仲間の合作ですので、
持ち出すときには、メールで連絡していただくか、
創作仲間のHPより、転載の許可、確認を取ってください。
お願いいたします。

【Topic!】
2011年12月25日:「top page」にオリジナル動画「それでいいから、それがいいから」を追加。
2011年12月25日:youtubeに登録&動画アップ。youtube ID tsukinoshijin。
2012年2月24日:fc2拍手のお礼用画像を4枚アップしました。



By月の詩人~たかゆき~

今年も参加しています。
色々と希望があるので、前向きな詩を皆さんに読んでもらおうと思います。
よろしくです!!
スポンサーサイト
関連記事
web拍手 by FC2

運命ならば






距離よりも遠い場所に居るけれど

必ず強くなって

君にふさわしい男になってみせる

でも

僕を待たなくていい

また違う運命もあるかも知れない

僕は僕を生きて行く

そう決めたのだから

君と出会った事が運命ならば

君が違う道を選ぶ事も運命だろう

ただ、僕は僕を生きて

ただ、君は君を生きていれば

それだけでいい

望む事はただの夢

それが愛かは誰にも判らない

だから自分を生きる事

僕には今はそれしか出来なくて・・・


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

自分の為に






道なき道を進む

迷いながら進む

先の見えない密林で

ただ水を求め

食べ物を求め

生きるように

自分のすべき事を自分で探し

自分が生きて行ける術を身につける

そんな強さを手に入れたら

何か変わるかも知れない

だがそんな事を考えるよりも

前に進むだけ

失敗なんてつい先日も幾つもあった

だからこそ気付くことがたくさんあって

どうやって進むべきかが見えて来る

大事な人は居る

でも僕は前に進まなきゃいけない

孤独に負けずに

荒波にもまれて

強くならなくてはいけない

そうしていつか

その人と笑顔で会える日が来たらいいとは思うけれど

今は考える事じゃない

前に進むことが今の僕には一番大事

そう思わせてくれたのは

結局は自分だった

自分の為に


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

オリオン座とさそり座といて座の物語





強くなりたくて

冬のオリオンが好きだった男

愛したのはさそり座の女性

乱暴な男の中のオリオンはその女性を見て

逃げ去った

男は真の愛に目覚めた

その男はいて座

ただ愛し

優しくあろうと努め

彼女の全てを受け入れた

彼女も男を愛し

今までにない幸福を感じた

いつしか時は五年を過ぎようとした時

ふたりの幸福は知らぬ間に消えた

なぜそうなったのかはふたりにも解らない

突然、消えた  知らぬ間に、いつの間にか、消えた

爆発で消えたのか

大風が吹きさらっていったのか

誰にも解らない

男は不毛の荒野に立ち彼女の名を呼びさがしつづけている

星の欠片がふたつ落ちた

彼がその場所に行くと

いて座の方向から落ちてきた船と

さそり座の方向から落ちてきた球体があった

球体は水に変わり

大地を潤し

船は浮かび高い土地に種子を飛ばし

鳩が飛び立ちオリーブの葉をくわえて帰って来るまで

それほど時間はかからなかった

そこには愛が満ちあふれていた

男は知った

全ての変化の時なのだと

この土地に家を作り

日々働き

愛する人を待ち続ける

あの人を感じる

空にはさそり座といて座が寄り添い

何かを暗示していたのだから


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

愛の深さ





愛の深さを知るよりも

「未来への架け橋を作ることの方が大切だよ」

僕は強くなれる気がする

愛を語るよりも

もっと大切なことがあると教えてくれた

君のような素敵な女性を失ってはいけない

まだ終わっていない

ここからがスタートなんだ

勇気が湧いてきて

怖いけど

不安だけれど

立ち向かおうと思った

自分が試みなかったことから


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

ありがとうを伝えるために






足元にパンジーが咲いていて

「きみ、がんばっているね」

と微笑んでくれる

風に揺れながら

愛に揺れながら

僕もこの風のように

走り抜けながら学んで強くなりたい

優しくなりたい

学ぼうと思えばどこからでも学べる

24歳の誕生日にそんな言葉をもらった

たくさんの人に感謝している

家族には愛され

友人には大切にされ

大切な人には希望への背中を押され

関わった全ての人々が居るから

今の自分が居て

力強い

勇気と

恐怖と不安を乗り越える強さをもらった

感謝すべき人に感謝する為に

あやまるのではなくて

あきらめない気持ちで感謝を伝えたい

ありがとう

心からこの言葉を言葉だけでなく

あなたたちに贈る為に

ありがとうを伝える為だけに

自分を大切に

強く生きれるよう

日々を生きていきます


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

千年の夜間飛行





金木犀の風が吹く季節

君を失った

僕はきっとこの季節を忘れないだろう

この風が君の心をさらってしまった事

その夜

月を見た

冷たい風の中

雲の上を飛んで行く

この孤独の闇を冷たく照らす

三日月と星たちが

うつくしくもかなしかった


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

 | HOME |  »

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。