月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

作者

見えないときがある

花瓶があっても
剣山があっても
沢山の花々が用意してあっても

なにか違うと探しても
視界に入っていても
見えないときがある

納得のいかない自分の作品を見て
虚しくもかなしくなるものだ
時には怒りさえ湧いてくる

なにか足りない
その花を探して
いつまでも納得せずに
ただひとつの花を探して

By 月の詩人~たかゆき~

共感いただけたら“共感クリック”お願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

 


携帯からはこちら
↓↓↓

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

スポンサーサイト

続きを読む »

web拍手 by FC2

信頼

コトバの刃
キミを傷つけているかも
それいじょうに
コトバで積み重ねた

信頼が
過去さえも癒すことがある

うつり行く時のなかの
信頼という名の花

By 月の詩人~たかゆき~

2009年12月1日
(平成21年)
師走
いて座

旧暦十月十五日
月齢:13.4
大潮

誕生花:しゃこばサボテン
誕生石:アイアンオパール

月の言葉:初冬、師走、寒冷、歳晩、孟冬、霜寒、霜夜
旬の魚:鯉、たこ、ふぐ、カキ、たら、からすみ
共感いただけたら“共感クリック”お願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

 


携帯からはこちら
↓↓↓

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

web拍手 by FC2

彼のかなしみ

「彼の悲しみ」

声に出来ないことばがたくさんある
傷つけるのがこわくて
ことばのナイフは時に悲劇を産む
それでもことばにしている彼
彼自身がいちばん傷ついているのかもしれない
自らのことばに耐えること
それは時になによりもつらい

どうしても声にすることばがたくさんある
自分がかけて欲しいことば
ことばの薬は時に世界を救う
それでもことばにしない彼がいる
彼自身がいちばん救われたいのかもしれない
自らのことばに癒されること
それは時になによりもの救いになるのだと

人にわるい人はいない
ただのすれ違いだ
「そんなことはない」
キミはそう思うだろう
ボクもそう思うだろう
そう思うことが彼にとってどれだけかなしいことだろう
ボクにとっても
キミにとっても

世界はどこへむかっているのか
世界にひとつだけの花は
どちらをむいて咲いているのだろう
そうして何度ほろびれば
悲しみはやすらぎに変わるのだろう
ほら
道ばたに花が咲いているよ
花の名は…

By 月の詩人~たかゆき~

2009年11月22日
霜月
さそり座
いい夫婦の日

旧暦十月六日
月齢:4.9
中潮

ケネディ米大統領がダラスで暗殺された日(1963年)

誕生花:アングレカム
誕生石:イエロー・オパール

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

 


携帯からはこちら
↓↓↓

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

web拍手 by FC2

木の詩

「木の詩」

 


天高
そびえ立つ
てをにして
人の涙も笑顔
木の葉してはまた散って
ふゆの日差しのたたかいその
のぬくもりいっぱいびて

私は
その
下で
本を
読み
いつまでも
恋の詩を詠いながら


By 月の詩人




応援クリック、とても励みになっています。

 

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへにほんブログ村 ポエムブログへ 

 


携帯からはこちら
↓↓↓
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

web拍手 by FC2

綱渡り

「綱渡り」

職人技とでもいうのだろうか
まるで職人を試す綱
操っているのか
操られているのか
落ちそうになる
落ちられない
恐怖と希望
それは信じるということ
まるで人生
その術を身につけるために
今まで渡ってきたのだと
自信を持っても
恐怖は持つな
命綱はあってないもの
無常な矛盾
おちるな
おちるな
さいごまで
つなわたり 
By 月の詩人~たかゆき~

web拍手 by FC2

ことばから

「ことばから」

言葉からひとは何を得るのだろう
言葉からひとは何を見るのだろう
ひと言が親身にひびき
言葉からひとは成長してゆく
そらへ
そらへ
はてしない
その蒼すぎるそらへ

By 月の詩人~たかゆき~

ランキングに参加しています。
右の「ランキング」の欄から、順位が確認できます。
モバイル版「月の詩集」では、表示されません。
順次対応をしてゆきます。
web拍手 by FC2

コーヒー豆のない喫茶店

「コーヒー豆のない喫茶店」



コーヒーを出したくても
豆がない
彼は言うだろう
「水でいいよ」
彼は水の中に何を見るのだろう
水の味に何を感じるのだろう
そして
豆のない喫茶店のオーナーは
「すみません」水を出した

数日後、喫茶はつぶれていた
元オーナーは、豆のない喫茶店に行き
言うだろう
「水でいいよ」
彼は水の中に何を見るのだろう
水の味に何を感じるのだろう
そして
豆のない喫茶店のオーナーは
「すみません」水を出した

By Takayuki
web拍手 by FC2

 | HOME |  »

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。