月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

「ウォーキング~鶯の鳥目~」

今日はカウンセリングの日。
毎週あるのだが、殆ど欠かしたことは無い。
前は、自転車で行っていたが、
ここ数ヶ月、歩いて行くことが多くなった。

自転車で知らないうちに見過ごしている情景を見るためと、
健康のため。

今日のウォーキングで一番こころに残った情景は、
ああ・・・春が近づいているのだな。。。
と思えた鶯が六羽、木の実を仲良くつっついているところ。

見間違いかと思い、距離を置きつつ、目を凝らすと、
綺麗な淡い緑色。
間違いなく鶯だ!

カメラを持っていたら、必ず撮影していただろう鶯。
逃げない程度の距離を確保しつつ、
しばらくその場で観察していた。

鳥という生き物は、可愛らしい容姿をしているのだが、
成鳥になった鳥は、いわゆる「鳥目」となり、
こちらも観察しているのだが、
向こうもきっと、特殊な目でこちらをちらりと見ているのだと思う。

独特な魅力というものがある。

独特な魅力というものは、
時に偏見の対象になる。
(鶯のことではなく)

魅力的であっても、人間というものは、
自分と違うもの(もしくは理解できないもの)を嫌う傾向がある。
特に、日本人はそうだと思う。

「常識だろう」とか「頑張れ」とか言っておきながら、
無責任で身勝手な人間はたくさん居る。

「あんたはどうなんだ!?」と言われないための権力や金を求め、
人の好意や意見は無視する。
或いは握り潰す。

そんな方々に、どうして人に寄り添い、相手の魅力を知ることが出来るだろう。

たくさんの魅力に囲まれても満足できない生き方よりも、
ちいさな魅力をたくさん知って、大きな魅力をただひとつだけ知ることが出来たら、
僕はそれでいいと思う。

自己中心に世界が回っていて、偽りの生き方をするよりも、
自分が世界の一部で、自分にしか出来ないことをする、本当の生き方をしていたい。

鶯が飛び立った、
僕はアパートの階段を昇り、
独りの部屋へたどり着いた。

ジャケットを脱ぎ、
コタツに入ったら、いつの間にかうたた寝をしていた。
雪解けと日差しのコラボレーションは眩しく、
暖かく、スピッツの「ロビンソン」が心地よく部屋に響いていた。

By 月の詩人~たかゆき~
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

「ウォーキング~買い物ついでのB級グルメ~」

すっかり寒くなり、誕生日にいただいたブーツが手放せない。
かかとのある靴は、これが初めてで、
慣れるようにと出来るだけ毎日歩いている。

まだ、慣れないので、八千歩くらい歩くと、痛くなってくる。
だが、姿勢も良くなり、あちこちの筋肉も使うようだ。
ダイエットには最適&身長が伸びる効果?♪

いつものスーパーに朝一で買い物に行き、
タマゴと名古屋名物のうどん(みそ煮込)と、
善玉菌補給の為のヤクルトもどき?を買った。
延長コードもついでに買い、その時、半額コーナーで、
いつも使っているイヤホンが半額で売っていた。
(アタマのかたすみに取りあえず置いておいた)

外に出ると、駐車場では2tトラックがスーパーの責任者らしき人に説明を受けていた。
あまり、見栄えは良くないが、看板の写真は美味しそうだった♪
しかしながら、朝一で行ったものだから、2tトラックの中では、
まだ、つなぎを来た女性が開店準備をし始めたばかりだった。

帰ってから、掃除、洗濯を済ませ、読書しながら音楽を聴いていた。
ふと、アタマのなかに置き忘れた半額イヤホンを思い出した。

ブーツで歩くのが楽しいので、また、買い物に出掛ける。
2tトラックの看板をよく見ると
「B級グルメ『富士宮うどん』『チャンバラ焼き』
『〇〇○○(よく見てなかった(汗)』」の看板が美味しそうだった。

半額イヤホンを二つ買って、帰り、
2tトラックの看板の肉が目に入った「チャンバラ焼き」。
B級グルメとは、どんなものかと、肉食いたさもあり、
チャンバラ焼きを衝動買い。

四日市のB級グルメは「とんてき(豚肉のステーキ)」だが、
他地域のは食べたことがない。

何故、チャンバラなのか、疑問に思いながらも、大盛りを注文。
スーパーのベンチに戻り、約20秒で平らげた。

家に帰るときに、2tトラックに立ち寄り、
「美味しかったです、ごちそう様、ありがとう♪」と伝えた。
嬉しそうに「ありがとうございます!また食べに来てくださいね!」



「寒い冬にも、温かい食べ物と、言葉があれば、心温まるんだな」



そう思いながら、アパートへ帰る足取りは軽くなっていた。

By 月の詩人~たかゆき~
web拍手 by FC2

ウォーキング~カメの甲羅干し~

今日もウォーキング。
1時間くらい川沿いを歩く。
堤防の上から下の川を眺めているボクは、
きっと、思いつめたひとに見えるのだろう。
(カメラを持っていたら別だと思うが)

今日は翡翠(カワセミ)を見た。
一昨年、恋人とこの道を歩いていて、
「幸せの青い鳥だ!」と言っていたのを思い出す。

ほかにはカモ、カラス、カメを見た。
カメの甲羅干しのスポットを見つけたので、
晴れた日には、カメラを持って行こうと思う。

今日、川の中から上半身?
を乗り出して草を食べているカメがいた。
「肉ばっかりじゃ太るから?野菜?」
とか思った。
しかし、メタボのカメを見たことがない。
メタボの猫や犬、猿もテレビなどで見たことがあるが、
カメは見たことがない。

そこで得意の^^?妄想癖がはじまった。
カメのあの甲羅、
体重の30%もあるらしい。
常に筋トレしているということか?
それにしても硬いあの甲羅、
あの甲羅が身体を締め付けて、
矯正下着効果???
などと妄想してみる。
いやいや、下着のままでは人前?には出られない。
だからあれは、矯正服なのだ!
とか。。。

とにかく分厚いあの甲羅、
川の水で洗ったあとは、
外せない矯正服なので、
自分の身体ごと、服を干す。
それがカメの甲羅干しということなのだろう。

注※カメを洗面器やバケツ、水槽で飼うときは、
カメが服を干せる場所(平たい石などを置いてあげましょう)
服を洗っても干せなかったらかわいそうなので。。。
お願いしますm(@@)m

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~
web拍手 by FC2

飛べないけれど【アゲハチョウの画像アリ(キアゲハ)】

今日、ウォーキングを始めようと思い立ち、
歩いて10分ほどの家電量販店へ。。。
目的のものを見る前に、カメラの相場やカメラバックなどを見て、
健康家電売り場へ。。。

※注(先日、体組成計というものを購入し、大変しょっくを受けたので。。。)

目的のものはあった。
680円から3680円のものまでミニコーナーが設けられていた。
700円のものと1480円のものと迷ったが、
結局予算ギリギリの後者を持って、
【お客様相談コーナー】に
「これ、電池入ってますか?」とたずねた。
すぐに使いたかったんです^^;

精算を済ませ、人目もハバカラズ、その場で開ける^^;)
ベンチに座って、設定し、ベルトに付けて
「いざ、家まで!」
と思ったのだが、帰り着いた時に、徒歩11分の距離だと知り、
遠いと思っていた距離が、実は短かった事で、更にしょっく^^;
帰宅してから、いじけて寝ているところへ、
友人から「今から行ってもいい?」と電話。。。
彼と話しながら、10kgの鉄アレイで筋トレをし、
彼が帰ったあと、腹筋と背筋をした後、
ウォーキング開始!
目標は30分以上歩く事。
ケータイに30分のタイマーをかけ、
台風4号が近づいているにもかかわらず、川沿いの堤防を、
カモとカメとサギを見ながら歩く。
有酸素運動をして、体年齢と体脂肪率を下げなければ・・・。
目的のスーパーでベーコンと38円のコーラだけを買おうと思っていたのだが、
目の前に「たこ焼き半額!!300円が150円!!」の文字が^^;
晩ご飯にしようとついつい手が出てしまった。。。

こうやって、身体にばかり蓄えをしてしまうから、
空を飛べないのかも知れない。。。
でも、食べ物には弱い。
きっと、こうしてわたしは飛べないのだけれど、
生きている間に努力をしていたい。
そう思えるじぶんがいる。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
(この画像は、今年羽化した12匹のうちの1匹です^^。)

キアゲハ

By 月の詩人~たかゆき~
web拍手 by FC2

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。