月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ハナミズキ~私的解釈~

「ハナミズキ~私的解釈~」


作詞:一青窈
作曲:マシコタツロウ
唄:一青窈



この歌は、9.11の後、
平和を祈った歌として解釈するけれど、
平和を祈る歌詞の奥深さに、
他の解釈も出来ると思うので、
書いておきたい。
(ちなみに、ハナミズキは明治後期、
日本が贈った桜のお返しにアメリカから贈られた樹)

著作権の関係もあり、
歌詞は直接載せられないのですが、
1番2番3番と、
それぞれの節の解釈を載せます。


まず1番は、
五月になって、
芽吹くように前向きになる貴女。
約束の場所に来て欲しい愛しい人。
その時に渡す気持ち。

夢が叶うことを願って止まない。
自分でなくとも貴女が選んだ人と幸せになって欲しいと祈る。

2番は、
求めることが多い自分を知っている男性が、
愛する貴女へ自分よりも、
貴女が前へ進めるようにと、
一歩下がる。

もう求めることを止めることも、
愛して幸せにすることも出来ない激しい苦しみが治まり、
自分でなくとも貴女が選んだ人と幸せになって欲しいと心から思う。

3番は、
蝶々を追いかけていた少女が、
大人になって旅立つ時、
母が、願う。
母の日には葉書でもいい、
贈って欲しい。
でも、
覚えていなくてもいいと、
気付かなくてもいいと。

夢が叶うことを願って止まない。
自分でなくとも貴女が選んだ人と幸せになって欲しいと祈る。

本当はずっと貴女への思いを我慢している。
その気持ちが治まって、
貴女が選んだ人といつまでも幸せになって欲しいと心から思うから。

貴女が選んだ道がいつまでも幸せの道になって欲しいと心から願う。






私的解釈:月の詩人~たかゆき~


これを書いていて、
人を幸せにする気持ちは、
その人の平和を祈る思いだと、
無償の愛だと、
わかりました。
僕も、誰にも持つ事は無理だとは思いますが、
持ってみたいと思いました。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

月の詩人の詩って・・・






言葉が浮かばない

僕は死んでしまったのか

いくら涙しても

どんな困難が立ち塞がっても

負けない「勇気」があった

自分で自分を苦しめているのだろうか

上っ面の言葉なんて信じられない

偽善についても考えても考えても答えなんで出やしない

褒めてくれなんてもう言わないさ

「詩を書き続けろ」その言葉を乗り越えなければいけない時期が来た

人の言葉に左右される詩人なんて詩人じゃない

そう いつだって涙を呑んで詩にしてきた

それが僕の詩

でも 詩人でなくっても

言っていい言葉といけない言葉

それだけは大切な人には特に気をつけなければいけないという

思いやりを知った

学ぼうとすればどんなところからも学べる事実も

そして今日も僕は詩を書く

自分自身に負けない為だけに


By 月の詩人~たかゆき~

web拍手 by FC2

YELL~いきものがかり~(私的解釈)

歌:いきものがかり
作詞:水野良樹
作曲:水野良樹

(私的解釈:月の詩人~たかゆき~)

呆然と立ち尽くす
失った痛みと
枯れ果てた涙で
思い描いた

独りになる事が不安でつらくて
旅立つ事を恐れているんだ
今をひだまりの思い出に包むために
僕ら 希望へと歩く

遠く離れる事は誰にも見えない
あなたが僕らにくれた
たったひとつの勇気
ともに過ごした日々があるから
旅立てる独りでも希望の空へ

分かち合える微笑みも
幸せもここに在るのに
自分が見えずに不安になるのだろう

真実から目を背けて
素直になれなくて
あなたの“ほんとう”を知るとき
僕らの“ほんとう”とともに
僕ら初めてこの足で進める

誰かとまた遠く離れるたびに
強さ知る事が出来るかな
離れたとしても
あなたがくれた勇気 忘れはしない

綺麗事など無いと知った時から
微笑んだあの日も ともに歌った日も
美しくあって欲しいと願っている
僕らがそう思えば
強くなれる 失わない
“わたし”は ここから生きていくよと
それぞれの道を信じて

遠く離れる事は誰にも見えない
あなたが僕らにくれた
たったひとつの勇気
めぐり逢う事があるのなら
遠い距離を超えて 空へ

僕らはいつも忘れない
あなたが僕らにくれた
たったひとつの勇気
ともに過ごした日々があるから
旅立てる独りでも希望の空へ旅立てる

By 月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
今は「アート大賞」にエントリーしています。
よろしくお願いいたします。

web拍手 by FC2

チューリップの「心の旅」を月の詩人風に解釈してみました。

作詞、作曲:財津和夫さんの「心の旅」を、
月の詩人風に解釈してみました。

「心の旅」

死を目前にした君を置いて、
遠くへ行かなければいけない僕がいて、
君は「遠く離れてしまえば 愛は終わる」と言った。
病に臥した君を連れ去ってしまいたい。

旅立つ前に、せめて君を抱き締めて。
忘れないように、心に刻むために。
僕は明日、汽車に乗る。

訪れる君の死を受け入れる覚悟は、
にぎやかな街を静かにしてしまう。
恋人が「愛は終わる」と言った言葉を胸に、
これからの人生を生きていこうと思う。

旅立つ前に、せめて君を抱き締めて。
忘れないように、心に刻むために。
ボクは明日、汽車に乗る。

雲


By 月の詩人~たかゆき~
web拍手 by FC2

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。