月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

幸せになるために

龍の雲 

「幸せになるために」

涙を呑んで
かならず幸せになると
あゆむ道
酸いも辛いも
甘いも渋いも
淡くも
かみしめて
ここからはじまる

By Takayuki

スポンサーサイト
関連記事
web拍手 by FC2

時よ過ぎて

寒梅

「時よ過ぎて」

ふとかなしみのかげ
私の胸
なにを求め
なにを求めているのか
空を見上げる
くもりガラスの私
涙を拭っては落ち
シミになる頃には
春が来る

By Takayuki

 
関連記事
web拍手 by FC2

言葉の中身

木枯らしの吹く丘で

「言葉の中身だけ」

言葉にすれば既に言葉ではなく
言葉にすれば既に詩人となり
言葉にすれば既に詩でなく
それでも言葉は尽きることなく溢れてはしずむ
言葉が尽きることがあるのならば
それは
空をあきらめた鳥のよう
空はまだ
ありますか?
空がまだ
見えますか?
空を見上げては沈黙でなく
言葉の中身だけ
空を見上げるもの皆

By Takayuki

関連記事
web拍手 by FC2

幻想という旋律

隔たりを痛みとせよ
そっと冷たい風に吹かれて
私は幻想の旋律を知った
雫よ
キミの痛みは冷たいのかい
それとも情熱に充ちているのかい
キミの魂は
空から堕ちて
空へ還る
キミの思い出は
海から来て
海へ帰る
キミの身体は
地の底から来て
地の底へ落ちて行く
誰が知るだろう
キミの痛みを
誰も知り得ない
その痛みが
癒える事無く
それでも
私達の時間は過ぎて行く
そして始まっては終わる
「幸せ」
その言葉だけが浮かんで消えて
そして
空を見上げている
どんな空かい
教えておくれよ
まだ私は幻想の中に居るのか

By Takayuki

関連記事
web拍手 by FC2

Ti amo

コスモス

「Ti amo」

見上げるたび
その名前を
「永遠の空」
と名づけた若かりし頃
涙の意味も
痛みも
孤独も
すべて知った遠い過去



すべてはここからはじまる
君と出逢った日からはじまっている
君とともに歩むこの道
涙も
痛みも
孤独も物ともせず
例え独りになっても
僕は君と生きてゆく
そう
君が居なくなってしまったら
君は孤独という名の恋人
涙という名の恋人
痛みという名の恋人なのだから
まだ
永遠を知らぬ
この僕の中に生きて
永遠に・・・

By Takayuki

関連記事
web拍手 by FC2

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。