月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

幸せを呼ぶ緑

四葉のクローバー1

 

「幸せを呼ぶ緑」

華やかでなくてもいい

存在をみとめあう

それだけでいいと思う


そのきもちが


私を

あなたを

もしかしたら世界中も

幸せにするんじゃないかって


思わせてくれる


絵:なでしこ
詩:月の詩人~たかゆき~

なでしこさんの四葉のクローバーに詩を書かせていただきました。
いつも素敵な絵をありがとうございます。

スポンサーサイト
関連記事
web拍手 by FC2

夏と花火とキミと

去り行く夏に
「思い出をありがとう」って
笑顔で言って
キモチがあふれてくる

いつも
かなしいことがあるけれど
いつも
ささえてくれるなにかがある

ボクはこれからもずっと
そうして生きていくのだろう

忘れずにいたい
「思い出をありがとう」って

「人生は儚いね」
ボクが言ったやさしさが
夜空で華になって

キミを楽しませる


「綺麗だね」って
誰のことを言っているのだろう


月も星も流星も
キミの微笑みも


「綺麗だね」って
思えることが
夏の華になって
キミを楽しませている

hanabi
関連記事
web拍手 by FC2

残暑見舞い

四葉のクローバー2 

「残暑見舞い」

水に浸かる葉は
静かな波を立てて
生けるうるおいを
涼しげに

絵:なでしこ
詩:月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

月の岸辺に咲く花

 月の岸辺に咲く花

月のほとりに咲くという
水仙を知っていますか
鏡に映った月を見て
花になった
彼の話を知っていますか

月の微笑が波打って
彼に打ち寄せていることを
あなたは知っていますか

彼のことを自己愛が強い男などと
言ってあげないでください
自分でも気づかぬうちに
月に魅入っている
彼の孤独は澄みわたり

月のために咲きつづける
水仙の話を知っていますか

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

からっぽの時間を何時間もすごし

待つ
ときが来たら
力なき掌につかむ

沈みゆく意識の中
上昇気流に乗るのか
それとも
投げられた浮輪にしがみつくのか

空気を吸うことが
こんなにも幸せだったのだと
気がつく

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

詩人として

降りてゆく夕陽
幼き日に遊んだ澄んだ川

蝉時雨が聴こえてきて
それなのにここに居る

暑いアパートの一室で
力なき己の哀しさを噛み締めて
一歩
一歩
歩く

ここに本がある
詩を書くきっかけになった詩集
10代で亡くなった彼の意思を受け継ぐ
そんな気持ちで詩を書き続けている
何故だろう
そうしていると
彼に支えられている気がする

これからは
彼の意思を受け継ぐだけではなく
詩人として書き続けたいと
切に思う

By 月の詩人~たかゆき~

猛暑日が続いています。
喉が渇いていなくても、水分補給、塩分補給、
身体を冷やすなどが、熱中症の対策として効果的です。
脇の下をアイスノンなどで冷すなども効果的です。
熱中症による死者も出ています。
日中だけでなく、
夕方に亡くなる方も多いようです。
ペットボトルに水を入れて手元に置いておくことも効果的とテレビでもやっていました。

個人的には、梅干をペットボトルの中に入れて、
水を入れておくのを実践してみたいと思っています。

皆さんも、十分お気をつけください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2

にんげんっていいな

カメの甲羅干し
わたし
肌を焼いているわけじゃないけど
水はせめてきれいな水で泳ぎたい
ごみのない
きれいな砂浜で
ステキな彼と
甲羅を干したいわ

人間同士でもいっしょなのかしら
きれいな砂浜で
ステキな彼と
肌を焼きたいのかしら

人間同士でもいっしょなのかしら
わたしたちの家に
ごみを
きたない水を捨てるように

人間同士なのに
おもいやりもなく
たいせつにしなかったりするのだろうか

わたしたちは
今の生活を変えることはできずに
この川で生きていくけれど

あなたはどうなのかしら
わたしたちにカメラを向けて
なにを思っているのかしら

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

千日目の恋を抱き締める為に

初めて会った日から千日
初めて会った日には恋に落ちて
千日を過ぎようとする時には
千日分好きになっていて

好きになった分
こわくもなっている
失いたくない
心からそう思う

その為に何が出来るだろう
永遠に続く命
そんな気がしているけれど
遠い距離が近くなり
また遠くなる時

ボクは何も出来ずに
涙が溢れる

孤独はそれほど嫌なものじゃないけど
孤独ほど嫌なものはない

キミと会って千日目のボクは情けない

出来ることは全てしてきたのに
自分の無力さに涙が溢れ
それなのに心はキミを求める

もっと
もっと
強くなりたい

それだのになぜ月は滲んでいるのだ

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

「ラベンダー~みわたすかぎりの~」額が付いて、より良くなりました。

ラベンダー

「みわたすかぎりの」

ラベンダー畑の香りが
ふんわりとつつんでくれる
ティータイム

やすらぎというものは
ふかみのある哀しみにも似ていて

ふと気がつけば
ラベンダーのこぼれたしずく
きらきら
きらとひかってる

絵:なでしこ
詩:月の詩人~たかゆき~

先日アップしたコラボ作品に、なでしこさんが額を付けてくれました。
なでしこさん、ありがとうございます。
関連記事
web拍手 by FC2

ウォーキング~カメの甲羅干し~

今日もウォーキング。
1時間くらい川沿いを歩く。
堤防の上から下の川を眺めているボクは、
きっと、思いつめたひとに見えるのだろう。
(カメラを持っていたら別だと思うが)

今日は翡翠(カワセミ)を見た。
一昨年、恋人とこの道を歩いていて、
「幸せの青い鳥だ!」と言っていたのを思い出す。

ほかにはカモ、カラス、カメを見た。
カメの甲羅干しのスポットを見つけたので、
晴れた日には、カメラを持って行こうと思う。

今日、川の中から上半身?
を乗り出して草を食べているカメがいた。
「肉ばっかりじゃ太るから?野菜?」
とか思った。
しかし、メタボのカメを見たことがない。
メタボの猫や犬、猿もテレビなどで見たことがあるが、
カメは見たことがない。

そこで得意の^^?妄想癖がはじまった。
カメのあの甲羅、
体重の30%もあるらしい。
常に筋トレしているということか?
それにしても硬いあの甲羅、
あの甲羅が身体を締め付けて、
矯正下着効果???
などと妄想してみる。
いやいや、下着のままでは人前?には出られない。
だからあれは、矯正服なのだ!
とか。。。

とにかく分厚いあの甲羅、
川の水で洗ったあとは、
外せない矯正服なので、
自分の身体ごと、服を干す。
それがカメの甲羅干しということなのだろう。

注※カメを洗面器やバケツ、水槽で飼うときは、
カメが服を干せる場所(平たい石などを置いてあげましょう)
服を洗っても干せなかったらかわいそうなので。。。
お願いしますm(@@)m

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

飛べないけれど【アゲハチョウの画像アリ(キアゲハ)】

今日、ウォーキングを始めようと思い立ち、
歩いて10分ほどの家電量販店へ。。。
目的のものを見る前に、カメラの相場やカメラバックなどを見て、
健康家電売り場へ。。。

※注(先日、体組成計というものを購入し、大変しょっくを受けたので。。。)

目的のものはあった。
680円から3680円のものまでミニコーナーが設けられていた。
700円のものと1480円のものと迷ったが、
結局予算ギリギリの後者を持って、
【お客様相談コーナー】に
「これ、電池入ってますか?」とたずねた。
すぐに使いたかったんです^^;

精算を済ませ、人目もハバカラズ、その場で開ける^^;)
ベンチに座って、設定し、ベルトに付けて
「いざ、家まで!」
と思ったのだが、帰り着いた時に、徒歩11分の距離だと知り、
遠いと思っていた距離が、実は短かった事で、更にしょっく^^;
帰宅してから、いじけて寝ているところへ、
友人から「今から行ってもいい?」と電話。。。
彼と話しながら、10kgの鉄アレイで筋トレをし、
彼が帰ったあと、腹筋と背筋をした後、
ウォーキング開始!
目標は30分以上歩く事。
ケータイに30分のタイマーをかけ、
台風4号が近づいているにもかかわらず、川沿いの堤防を、
カモとカメとサギを見ながら歩く。
有酸素運動をして、体年齢と体脂肪率を下げなければ・・・。
目的のスーパーでベーコンと38円のコーラだけを買おうと思っていたのだが、
目の前に「たこ焼き半額!!300円が150円!!」の文字が^^;
晩ご飯にしようとついつい手が出てしまった。。。

こうやって、身体にばかり蓄えをしてしまうから、
空を飛べないのかも知れない。。。
でも、食べ物には弱い。
きっと、こうしてわたしは飛べないのだけれど、
生きている間に努力をしていたい。
そう思えるじぶんがいる。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
(この画像は、今年羽化した12匹のうちの1匹です^^。)

キアゲハ

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

星に願いを~流れ星への願いごとの仕方【天の川の画像アリ】

天の川

今日は七夕祭りですね。
13日はペルセウス流星群が見れるかも知れないとの事。
地上では花火大会が開かれ、
空でも神秘的な星達が見れるでしょう。
先ほど、天の川の撮影をしていたら、
流れ星を見ました。
流れ星が消える前に願いごとを言えました(胸の中で)
何をお願いしたかはないしょですけどね^^。

流れ星を見る度に「また言えなかった」となんど思った事でしょう。
でも、胸のどこかで願いごとがあるのなら、
意識しないでも流れ星を見たら言っているものだと思います。

ですから、意識して「願いごとを言わなきゃ」と思うよりも、
流れ星の美しさを眼に焼き付ければ良いのだと思います。

写真は今日撮った天の川です^^。
クリックすると大きな画像で見れますよ^^♪

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

チューリップの「心の旅」を月の詩人風に解釈してみました。

作詞、作曲:財津和夫さんの「心の旅」を、
月の詩人風に解釈してみました。

「心の旅」

死を目前にした君を置いて、
遠くへ行かなければいけない僕がいて、
君は「遠く離れてしまえば 愛は終わる」と言った。
病に臥した君を連れ去ってしまいたい。

旅立つ前に、せめて君を抱き締めて。
忘れないように、心に刻むために。
僕は明日、汽車に乗る。

訪れる君の死を受け入れる覚悟は、
にぎやかな街を静かにしてしまう。
恋人が「愛は終わる」と言った言葉を胸に、
これからの人生を生きていこうと思う。

旅立つ前に、せめて君を抱き締めて。
忘れないように、心に刻むために。
ボクは明日、汽車に乗る。

雲


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

真夏の恋人

真夏の花火 
しずかな風と
しずかな夜の鼓動

抱き締めて

熱く熱く燃えて
触れた指先
離したくちびる
もういちど
何度でも

熱い声が聞こえて
火照った喉からキミを呼ぶ
もういちど
何度でも

熱い声が聞こえて
渇いた喉を潤おすキミが
もういちど
何度でも

熱く燃えてしまう
触れた指先
離したくちびる
もういちど
何度でも

・・・あいしてる

声にできない
言葉にできない
心のままに
触れ合うくちびると指先と

・・・あいしてる

言葉にせずに
言葉にせずに
心のままに
触れ合うくちびると指先と

・・・あいしてる

・・・あいしてる

・・・あいしてる


・・・あいしてる


・・・あいして・・・



By 月の詩人~たかゆき~

関連記事
web拍手 by FC2

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。