月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

紳士の想い~アイビー~

アイビー 

「紳士の想い」

想いとは時にやさしく
時に残酷で
故に苦しむならば
「彼女への想いだけを生き甲斐に」
今でも屋敷には
彼の想いだけが宿り続ける
共に暮らした永遠を守りつづけるため


絵:なでしこ
詩:月の詩人~たかゆき~


アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
応援していただいたら嬉しいです。

スポンサーサイト
関連記事
web拍手 by FC2

水仙

水仙



「水仙」


氷の鏡から水の鏡へ

冬の鏡よりも春の鏡


より良い自分を知るため

生きる力を知るため


自信と自己愛

異なりつつも

肯定するもの


己を知る唯一のもの

良き鏡

良き付き合い


水仙は自己愛の象徴と違い

自己肯定の象徴だということ



絵:なでしこ
詩:月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。

関連記事
web拍手 by FC2

春の水仙

春の水仙 



「春の水仙」


春の鏡を見て

己を知る

いつもより

僕らしい僕がいる


絵:なでしこ
詩:月の詩人~たかゆき~




アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。

関連記事
web拍手 by FC2

居場所とこれから





ひとがだいすきで
だいすきで

ときどきないた


ひとがだいすきで
だいすきで

ひとでなしをしった

それなのに
ばかだから
またしんじたり

またないたりした


いつからかえがおをつくった

むねのおくに
なにかがつっかえたまま
わらうと

じぶんがふしぜんだって


こえにだしてなくこともなくなった

すきなひとにすなおになるときに

じぶんをみつけたよ


これから、どんな道をあゆんでゆくのだろう

いつわりの道しるべを

見知らぬ顔してあゆむこの先

どんな道がまっているのだろう


夜は静寂をたたえて

ぼくは耳を澄ませて



By 月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。

関連記事
web拍手 by FC2

友よ





静寂の闇に

雨と孤独

不安に呑まれても

「何処に行くの」

ふり返る君を追い越して

歩いているね

静寂に音を立てて

涙は捨てても

止まぬ雨の中

聞こえた気がして


By 月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。

関連記事
web拍手 by FC2

少年と私






すれ違う少年に重ならぬ

自分がすこし

かなしくて


彼に見せた笑顔は

すこしかなしくて


彼をうらやむ自分が

ぎこちない大人だって

胸にぽっかりと

穴が開いているんだって

気が付いてしまうことも

同じかなしみだって


知っているのに何故



By 月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。
【私の力不足で、アート大賞は落選しましたが、これからも書き続けます。】

関連記事
web拍手 by FC2

おもいで

ベンチ 



残り香を漂わせ

何の香りなのかさえ

忘れてしまうのがいい

いまを

噛み締めるために


By 月の詩人~たかゆき~


アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。
【私の力不足で、アート大賞は落選しましたが、これからも書き続けます。】

関連記事
web拍手 by FC2

「肯定」






冷たい風吹く日に

こころあたため合うこと


その、涙の意味を

いやすこと


空が晴れて欲しいと

願うこと


そして


自らの痛みを

微笑みに変える努力



By 月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。
【私の力不足で、アート大賞は落選しましたが、これからも書き続けます。】

関連記事
web拍手 by FC2

「冬の砂漠」






果てしない絶望になにを見たのだろう

つめたい砂漠をあゆみ

まぼろしが見えては消え

また見えるから


ただひたすらに砂漠をあるく


笑顔も涸れて

涙も涸れて

声も涸れ

すべてが涸れ尽きるまでに

あのひとの待つ泉へ

あのひとの待つ別天地へ

砂の丘を越えて


せかいにひとりの

あなたのもとへ

せかいでひとつの

決意を持って

あなたの隣に・・・


ひとつだけ

居場所があれば


By 月の詩人~たかゆき~

アルファポリスというWebコンテンツに登録しました。
応援クリックしていただくと「月の詩集」が出版される可能性があります。
人気のあるコンテンツが出版されるという画期的な出版システムです。
よろしくお願いいたします。
【私の力不足で、アート大賞は落選しましたが、これからも書き続けます。】

関連記事
web拍手 by FC2

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。