月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

常識と非常識の狭間から届ける詩の調べ・・・

この詩は、ボクの心の葛藤や、実際にあった出来事をもとに描いてあります。
哲学的な描写ですが、同時に僕自身の体験描写をしているので、気分を悪くするかも知れません。
この詩を読むに当たって、自己責任を持てる方限定でお願い致します。
この詩は、僕自身の描写ですので、読み手の方への配慮には欠けますが、それらを了承してのち、先を読んでください。
しかしながら、攻撃的な詩ではなく、僕自身の自己表現の詩として読んでいただければこれ幸いです。


By 管理人~たかゆき~ ボクの詩はむずかしい
月に住むアルテミスとボクの恋
有得ない現実の中
ボクは夢の中で人と殺しあう
人と仲良く生きて行きたい筈なのに
ボクは夢の中で人を殺す
月が紅に染まる時
ボクは「綺麗だな」と感じる
ボクは別の夢を見た
光に包まれる夢
空を飛ぶ夢
幻想の闇に飛ぶ翼が冷たい
記憶は途切れ途切れボクの胸を凍らす
誰かが言った言葉
「氷はいつかは溶けるから」
その言葉の意味は未だに解らず
ボクは旅を続けている
痛みからの逃亡
空が堕ちて大地が昇って
想像は距離を覚えない
空が見えない場所で空を見ることも容易い
心は果てしなく遠い場所から此処に来る
そして去ってゆけば留まっている
見えないは見えるに等しい
それでも天空は上に在り
たしかに大地は下に在る

By Takayuki
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

こんにちは、Lunasognaさん^^♪

そうなんですよね♪
ひとりの人間としての軌跡なのですよね^^♪
嬉しいコメントをありがとうございます♪
この詩は、僕自身を表現したものです。。。
僕の鏡ですね^^♪
真実を映す詩なのです。
きっと、僕と同じ様な体験をしてきた方は、同じ事を詩にしているのでしょうね^^♪
僕にとっては当たり前の事なのです。
この詩は。

旧約聖書に似ているのですか?
今度、時間がある時に読んでみます。

コメントありがとうございます♪

こんにちは、Megiさん。

人間の二面性ですか。。。
Megiさんは、そう感じたのですね。。。
僕自身にも、誰もの心にも、二面性はありますよね?
僕は、常に自分自身を見つめています。
冷たい眼で、或いはあたたかい眼で。
どちらも持っているのですが、天使と悪魔とは考えもしませんでした。
天使と悪魔、古来から戦っているのですね。

この詩を書く時、僕はしんどかったのですが、それは、自分を「表現する」という意味でしんどかったです。
世の中には、綺麗な言葉があふれています。
常識外の言葉で、真実を伝えることは、本当にしんどい作業でした。
しばらく詩が書けなくなるかも・・・とも思いましたが、何とか復活しましたよ^^♪

コメントありがとうございます^^♪

こんばんは☆

「ボク」という言葉がなければ、まるで旧約聖書の予言書のような詩ですね。。。
私にとっては、攻撃的という感じではなく、むしろ優しい感じですね。
淡々と、切々と語る「人生」の軌跡は、優しく人間味あふれるものだと思います。。。

なんとなく人間の2面性を感じました。
きっと誰でもが、どちらも持ち合わせているのかもしれません。
天使と悪魔。
これは、古来よりの戦いといえるかもしれませんね。
その中で、やはり自分がどちらを向いていくのか。
これは、自分自身の決断でしかないのでしょうね。

暗闇から光へ!
悲しみから幸せへ!

本当の光や、本当の幸せを知るためには、その対極のものを知っている必要もあるのでしょうね。
だからこそ、そこから抜け出た時の喜び、明るさは格別なものとなるのかもしれません。

「氷が解ける」
この一言を使って、私も詩を書きました。
いつかアップするかもしれません^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinoshijin.blog36.fc2.com/tb.php/14-caa4d563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。