月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

罪なきキミへ

「罪なきキミへ」

だれがキミを責めているのだろう
生きているキミを
そして
微笑んでいるボク
微笑んでくれるキミ
それでいいじゃないか

「泣くな」
とか
「我慢しろ」
とか
ボクには言えない

根拠は何一つない
抑えられない感情があふれるだけ
言葉にできない曖昧なものが
奥からこみ上げてきて
眼からあふれてきている

我慢できないんだよ!
止まらないんだよ!

気が付いたら
時間が
年月が流れている
向日葵


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

yujinさん、こんにちは。

yujinさんが2時ごろ、月を見たときは、満潮の日でした。
10何年かぶりに、友人と釣りに行ってきました^^♪
ハゼと、セイゴが釣れました。
今年は、ガリレオ・ガリレイが、望遠鏡を初めて宇宙に向けた年から、丁度、400年の「世界天文年」ですね。
あれは、木星だったのですね。
昔は、月の近くにあったのは、金星のような記憶がありますが、、、(間違っていたらごめんなさい)。
僕も、今年、プラネタリウムで木星が月に近いことを知りました。

暗闇に光る存在は、光の中の闇よりも、存在感がありますね。
光は、美しい、不思議な感覚をもたらしてくれますね?

でも、深海魚の「リュウグウノツカイ」などは、暗い闇に生きている生き物なのに、神秘的な魚です。

痛みの対処法は、正しいと思います。
相手あっての痛みでも、その相手を拒むことがなければ、受け入れる、または、許せる気持ちがあれば、僕の痛みも、或いは消えるかも知れません。

人と人は、境界線を越えてしまうと、大変なことになることを知りました。

自分自身、人との距離のとり方が下手な方なので、今、努力努力の繰り返しです。

バジルは、順調に根を張って、葉の色も、良くなっています。

今日、キアゲハの幼虫の「いも夫くん」現在、5匹のための「明日葉の苗」を5ポット、注文しました。
苗を植えるためのプランターと土も、買ってこなければいけません。
パセリは、多分、3~4日中に、食べつくされてしまいます^^;
明日葉ならば、名前の由来の通り、葉をとっても、明日には、次の芽が出ているはず。。。

月桂樹の苗、近いうちに手に入りそうです^^♪
家の中でも、気をつければ、育てられるようですので^^。

今度、イカ墨スパゲッティを作ったときに、バジルを入れてみますね^^!

ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~

たかゆきさん こんばんは

本詩集にはそういう想いの原点があったのですか。

昨夜2時ごろ雲が晴れて、天頂にまぶしいほどの月がいました。
その近くに光の強い惑星が見えたので
国立天文台のホームページで確認したら木星でした。
しばらく見上げていて思ったのですが
身近な天体って意思というか、何かメッセージが来るようですね?

痛みの対処方法、勝手に書いてごめんなさい。
昨日は歯が痛かったので、その箇所に集中して
無意識からのメッセージを探していました。

相手あっての痛みとは知らず、
見当違いいたしましたことをお許しください。

たかゆきさんは園芸もなさるのですか
バジル、イカに合いそう!

yujinさん、こんにちは。

僕が、詩集にするのに“月の詩集”を選んだのには、みっつ、理由があります。
ひとつは、月には裏表があって、普段、地球から見える月は、表だけ。
ひとつめの間に、ふたつめ、月の波長は、人間の波長と同じ周波数らしいのです。
ですから、人間と月とは、よく似ていると思い、人間の(自分の)裏表を表現することが、月の裏表を表現することになると思ったからです。
みっつめは、太宰治の「カチカチ山」に魅せられたことです。
兎扮する月の女神「アルテミス」と、狸扮するぶ男の物語。
月に裏表があるのならば、アルテミスの冷酷な話にも、裏があると思い、それを詩にしてみようと思い「月の詩集」にしました。

その月が、地球上、ほとんどの所から見れること、月に魅せられた人間にとっては、この上なく魅力的なところですね^^♪

僕も、十年前に書いた詩は、今はとても書けません。
今の自分の詩は、分かりませんが、もがいていることは確かだと思います。
これが、時の水に慣れて、泳げるようになれたら良いな^^。
と夢を抱いています。

今の僕は、痛みを克服しつつあります。
他の視点から、客観的に見る。
相手の立場になってみる。
でも、唯一、自分のことで悩んでいることが、
拒絶した相手の立場にだけはなれないということです。
その相手の感覚は、エゴに満ちた妄想なので、
その気持ちにはなれません。

僕は、まだまだ、経験も、知識も、知恵も足りません。

ここのところ、自然と接する機会が増えました。
自然の流れに自分がいると思うと、とても癒されて、
心が洗われます。

もっと、心を豊かにしたいと思います。

今日はベランダにパセリの苗を追加し、バジルの苗も植えました。
暑い日々がつづいていますけれど、
お互い、夏を楽しみましょう^^♪

ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~

たかゆきさん こんにちは

雲が薄れた今、満月をみつめています
fc2 仲間はみんな離れたところにいるけれど
たかゆきさんに教えられて月を見ていると
皆こころの中ではつながっていて
そばにいるんだなと思いました。

このところの感情を前面に出した詩は、
力があっていいですね
私も10年前に書いたものを見ると、
今は書けないと感じました。

それに抑えられずに出てきた感情に「沿う」作業は
現状を解決すると聞いたことがあります。
「プロセスワーク心理学」 アーノルド・ミンデル 著

どこか痛いとき、痛さを与えているものの立場に置き換えてみると、
痛みという手段を使って自分に気付かせようとしている何か、がわかるという原理です。
気付き次第、痛みが消えるのは不思議でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinoshijin.blog36.fc2.com/tb.php/169-d0819844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。