月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

Let It Be

「Let It Be」

ことばは要らないさ
きずきあげてきたものさえ
要らないかもしれない

声を高らかにして
おもっていることさえも言えないのなら
それほどかなしいことはない

でもさ
どんなときもどうにかなるもんだよ
ある人たちが言ったさ
「きみはれっといっとびーなんだよ」
おもえば意味もはっきりしないことば
救われるときなのかもしれない

いままで信じていた人
横切ってもあいさつもしない
それがいい
それでいい

おもっていること
ひとつも言えない仲なんて
けっきょくは信頼なんてないんだよ

人はすれ違い
傷つけあいまなんでゆく
それだけのことなんだよ

ある人からまなんだ
「きみはれっといっとびーなんだよ」を信じながら
歩いたつめたい路地裏
じぶんがじぶんであれたとき

空には月がにじんでいた

By 月の詩人~たかゆき~

2009年11月17日
霜月

旧暦十月一日
月齢:0.3
大潮

獅子座流星群
雲仙普賢岳が200年ぶりに噴火した日(1990年)

誕生花:龍のひげ(蛇の髭)
誕生石:グリーンアベンチュリン(クォーツの勾玉)

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

 


携帯からはこちら
↓↓↓

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

関連記事
web拍手 by FC2

コメント

こんにちは、シンカフィアさん。

書いた詩が、相手に伝わるということは、
とてもうれしいことです。
なんだか、自分でいうのもなんですが、
孤独な詩なのに、
寒い冬の詩なのに、
結果的に、あたたかいふれあいがあること、
とても感じています。
書いてよかったな。
と思います。

ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~

冬の寒さが
寂しさが
ひしひしと伝わってきます
そして最後の一行にぐっときました

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinoshijin.blog36.fc2.com/tb.php/222-7aec1511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。