月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

春の歌を聴きながら~鶯~

桜が絨毯を敷く頃
和菓子とお茶が飲みたく
茶店に寄り
うぐいす餅をいただくと
庭木から春が聴こえてくる
うぐいす餅と鶯の歌
そしてお茶

久々の半袖を撫でるそよ風
ふと和の心地よさに身をゆだねる

「鳴き続けるきみの恋の歌声うつくしく恋に和む我が春」

春の歌を一句詠んでみる
私の春は恋の歌

By 月の詩人~たかゆき~

ご共感いただけたら嬉しいです

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

 


携帯からはこちら
↓↓↓
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

2010年4月13日火曜日
平成22年
卯月
おひつじ座

旧暦二月廿九日
月齢:28.2

今日は何の日?
【水産デー】
【天一天上】
【レバノン 内戦に突入(1975年)】

誕生花:ウォールフラワー
誕生石:バイオレット・パール

この日が命日の著名人:伊能忠敬(1818年)江藤新平(1874年)石川啄木
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

こんにちは、シンカフィアさん。

僕は、感傷に浸っている時も、
それはそれでいいと思っています。
自分を認めてあげること。
それが出来たら、楽になります。
気分の浮き沈み、関係なく。

曲というものは、不思議です。
良い思い出のある曲は、
聴いていると、ふわっとした気分になります。
でも、辛い思い出のある曲は、
聴いていて、辛いのですが、
辛いときの自分を思い出して、
そのときの自分を抱きしめてやることで、
その、多分、シンカフィアさんの言うメランコリックな心地よさがあると思います。

シンカフィアさん、いつも復活してくれるので、
とても嬉しいです。

ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~

こんばんは、たかゆきさん

最近は詩でも桜一面だったようで
爽やかな風が画面を通して
送られてくるようです
それにしても最近の僕は
沈みがちなせいか
惹かれるものはどちらかというと
哀愁漂う詩の方が多いみたいです
中でも「傷ついた一枚のCD」は
胸が締め付けられるようですが
CD、というよりは曲なんていうものは
どこかそうしたメランコリックな感覚を
呼び覚まされ胸に響きます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinoshijin.blog36.fc2.com/tb.php/374-7e3c5c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。