月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

6月1日の電子写真立て~障碍者でも~

わたくし、6月1日に@@@バンクが障碍者割引をはじめるという情報を手に、
ショップへ足を運んだ。

障害者手帳を見せると基本使用料がタダになるというおいしいはなし。

友人とふたり、開店15分前から一番でまっていた。
友人はすぐに手続きが済んだのだが、わたくし、月の詩人は手続きがなかなか終わらず。
店員さんが手続きをしている間に、カウンターの横に目をやると
「@@@バンク携帯をお持ちの方は18???円が0円!」の文字と動く写真立て♪
「これ、通信料とかはいるんですか?」
3回ほどたずねた。
他社からのメール添付写真を受け取るには300円追加。
しめて毎月790円、定額。
初期登録手数料?2850円。

しかしながら、もともと使っていた携帯の基本使用料980円がタダになる♪

電子写真立てを0円で購入&契約し、障碍者割引は申込者が多数いる模様で、
手続きが完了次第、後から電話でその旨を伝えるということだった。

帰ってから、ショップに電話をし、写真立てのことでたずねようとしたら、
「今日はこのショップではフォト@ジョンを購入された方はいらっしゃいません」などと冗談を言う♪

それから「本当に冗談だったのか?」と不安になりもう一度電話♪
月の詩人:「先ほど電話したものですが、購入した人がいないとはどういうことですか?」
店員:「担当者名はわかりますか?」
月の詩人:「@@さんです」
店員:「わたしです・・・」



中略



店員:「手続きが済み次第、その連絡させていただきます」
月の詩人:「わかりました♪」

《夜が来て電話が鳴る》
月の詩人:「はい」
店員:「割引の件でお電話させていただいたのですが、まだ、
手続きは済んでいないのですが、4月、5月分もさかのぼって7月の請求から引かせていただきます」
月の詩人の内心:「やった♪写真立ての初期費用も安くなる♪」

《話は戻って店を出たところ》
友人:「お得感あるけど、これでももうけてるんだろうな(苦笑)」
以下省略

《障碍を持っていることについて》
病気になりたくてなったわけじゃないのだけれど、
世間からは偏見の目で見られたりすることもある、
それでも、携帯電話会社がこういった制度を作ってくれるのはありがたい。
それに、自分に素直に生きていれば、障碍があっても、
温かく接してくれる人はいる。
障碍は一病息災(ひとつ病気を持っていて、気をつけているからこそ、他が健康であること)
と思うべきものだと思う。

By 月の詩人~たかゆき~

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 2010年6月4日金曜日
平成22年
水無月
ふたご座

旧暦四月廿二日
月齢:21.4

今日は何の日?
【歯の衛生週間】
【天安門事件(1989年)】

誕生花:ゴテチア(いろ待宵草)
誕生石:オドントライト

この日が誕生日の著名人:グーテンベルグ(1889年)
関連記事
web拍手 by FC2

コメント

ショウゴさんへ

ありがとうございます。
でも、あまりそう言ってくれるひとはいないのですが、
僕は、病気や障碍を個性と思えないのです。
父もそう言ってくれるのですが、

まだ、きっと自分の中で病気や障碍を認めたくなくて、
いつか治る。
そう信じている自分がいます。
治るかどうかさえわからないのですが、
まだ、原因さえも解明されていない病を障碍として、
どう分類されるのかさえも正確ではありません。
よく、精神や心の病と言われるものですが、
実際は脳の病だとも言われています。


ですから、自分自身の個性と知ることも出来ず、
治る保障もなく、でも治したい。
暗闇を手探りで歩いている感じです。
自分が結局は見えないので、個性とは思えないのです。
その葛藤は、客観的に見たら、個性に見えるのかも知れません。

すみません、もっと上手に返事をしたいのですが。。。
自分自身にいちばん問題がありますね。。。

でも、うれしかったです、ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~

追伸
最近、自分自身と向き合えるようになってきたことは、
自分の個性を知る上でとても意味のあるものだと思っています。

矛盾していますが、どちらも実際に思っていることです。

私は病気も障碍も個性だと思っています^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinoshijin.blog36.fc2.com/tb.php/426-02b17f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。