月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

キミが去ったホームにて



静かな夜が降りてきて

ちかちか光る明かりの下

僕の耳元でささやく

「あいするひとはいるの」

胸の扉の奥で

「いるよ」と応える

小刻みにふるえる指先が、くちびるが

キミをもとめている

ふと気がついたら

駅のホームに立ち

去って行く電車を見送っていた

現実に引き戻されると

胸が締め付けられた

キミを見送るこのホーム

去って行くキミは

ぼくの全てを奪い去って

からっぽのカラダがくずれそうになった時

キミがぼくの全てを充たしてくれていたのだと

なみだがひとつぶ雲になって

そらにうかんで

ふたりも

雲になって

どこまでも

どこまでも

いつまでも


By 月の詩人~たかゆき~

※注:「ノルウェイの森」の台詞に似通っている部分がありますが、
表現するに当たって、他にこの言葉以外にしっくりくるものが無く、
悩んだ末、この詩が出来ました。



応援してくださる方々、本当にありがとうございます。
基本、三日置きに次々にアップしてゆきます。
乞うご期待m(@@)b

人気ブログランキングへにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

 

 




FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作詩・ポエム

関連記事
web拍手 by FC2

コメント

Re: ありがとうございます。

ケンジさんへ。

そうですね^^。

純粋に勉強はとてもたいせつなことだと思います。

>このブログは大好きです。

他の方のブログも好きになってくださいね^^。

ありがとうございます。

By 月の詩人~たかゆき~

ありがとうございます。

いつもいろんな方の作品を拝読して勉強しています。このブログは大好きです。

Re: こんばんは

五回目の訪問&毎回、コメント、ありがとうございます^^。

あちらこちらに同じようなコメントをされていますが、
毎日様々な方々のブログを沢山読まれているようですね。
僕も、そのような速読術を身に付けたいものです。

ありがとうございます。

訪問させていただきますね^^。

By 月の詩人~たかゆき~

こんばんは

いつもいい作品ですね~
読んでて癒されます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tsukinoshijin.blog36.fc2.com/tb.php/651-d258936e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。