月の詩集

月の詩を綴ります。月の表だけではなく、 陰にある月の詩も詠います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

混沌に負けぬ方法




混沌に呑まれてしまいそうな時こそ

信じなければいけない

混沌は自らの哀しみから来るものだから

自分を信じて前に進まなければ

決して何も自信なんてないけれど

前に進むしか道は無いから

よく寝て

よく食べて

よく動いて

陽の光を浴びる

そんな人間らしい生活をすればいいのだから


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

ハナミズキ~私的解釈~

「ハナミズキ~私的解釈~」


作詞:一青窈
作曲:マシコタツロウ
唄:一青窈



この歌は、9.11の後、
平和を祈った歌として解釈するけれど、
平和を祈る歌詞の奥深さに、
他の解釈も出来ると思うので、
書いておきたい。
(ちなみに、ハナミズキは明治後期、
日本が贈った桜のお返しにアメリカから贈られた樹)

著作権の関係もあり、
歌詞は直接載せられないのですが、
1番2番3番と、
それぞれの節の解釈を載せます。


まず1番は、
五月になって、
芽吹くように前向きになる貴女。
約束の場所に来て欲しい愛しい人。
その時に渡す気持ち。

夢が叶うことを願って止まない。
自分でなくとも貴女が選んだ人と幸せになって欲しいと祈る。

2番は、
求めることが多い自分を知っている男性が、
愛する貴女へ自分よりも、
貴女が前へ進めるようにと、
一歩下がる。

もう求めることを止めることも、
愛して幸せにすることも出来ない激しい苦しみが治まり、
自分でなくとも貴女が選んだ人と幸せになって欲しいと心から思う。

3番は、
蝶々を追いかけていた少女が、
大人になって旅立つ時、
母が、願う。
母の日には葉書でもいい、
贈って欲しい。
でも、
覚えていなくてもいいと、
気付かなくてもいいと。

夢が叶うことを願って止まない。
自分でなくとも貴女が選んだ人と幸せになって欲しいと祈る。

本当はずっと貴女への思いを我慢している。
その気持ちが治まって、
貴女が選んだ人といつまでも幸せになって欲しいと心から思うから。

貴女が選んだ道がいつまでも幸せの道になって欲しいと心から願う。






私的解釈:月の詩人~たかゆき~


これを書いていて、
人を幸せにする気持ちは、
その人の平和を祈る思いだと、
無償の愛だと、
わかりました。
僕も、誰にも持つ事は無理だとは思いますが、
持ってみたいと思いました。
関連記事
web拍手 by FC2

孤独な場所それはとても





孤独な場所

そこはとても寒い

とても寂しい

そして苦しい

大切な人がいるだけで

切なく

いとしい気持ちになれる

そして苦しい

いちばんひとを感じられる場所だったりする

でもひとりじゃなかったら

コミュニケーションを取ることがいちばんのしあわせだから

それを失ってはいけない

なにがあっても


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

きみがどれだけ好きかなんども聞くから





眠れぬ夜は

きみの名前で星を数える

「好き」の数だけ星があるから

朝まで数えてまだ次の夜も

今夜は眠れますように

流れ星が光った

本当は別の願いごとをしていた

気付かぬうちに


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

朝陽の笑顔





止まぬ雨はなく

止まぬ哀しみもない

止まぬ痛みもなく

終わらない夜はない

朝陽はあたたかく

日々生きていれば

いつか必ず笑顔になれる

それが幸福なんだと朝陽が笑った


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

まだ見ぬ世界へ




新たな世界へ飛び立つ

不安はスーツケースいっぱい

希望はこの胸のうちにひとつだけ

雨風が打ちつけて

寒く

痛い

だからこそ希望が輝く

辛く苦しいときの希望ほど

強くなる

新たな世界へ

月の光に癒されながら

あの向こうの希望の世界へ


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

なにかをまっていた少年






独り・・・雨を聴く

孤独の涙を代弁するかのように

降ってくれる雨

きっとずっと願ってた

晴れてくれる事を

いや

ただ待っていた

おさない心のまま

おびえながら

誰も来ない

待っていても意味がない

ドアを開けて

ひとり空を見上げた


By 月の詩人~たかゆき~
関連記事
web拍手 by FC2

«  | HOME |  »

プロフィール

月の詩人~Takayuki~

Author:月の詩人~Takayuki~

counting

結婚レシピ

counting

結婚レシピ

クリスマスカウントダウン


powered by ブログパーツの森

おともだち&リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

詩・文学・写真・アート

創作仲間のHP

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
月 (254)
祈り (23)
音楽 (5)
恋心 (98)
月の裏の詩 (13)
夜の帳の中に (28)
静寂の情熱 (4)
季節の詩 (137)
春 (31)
夏 (23)
秋 (30)
冬 (29)
梅雨 (12)
花の歌 (10)
こころのうた (221)
こころの旅 (21)
美しいもの (25)
あてのない心の旅 (6)
言葉と詩の意味を考えて (8)
優しさとは?生きる意味を探して。 (95)
ちいさな希望とおおきな不安 (39)
エッセイ (59)
月の詩人の私生活 (39)
ウォーキング (4)
私的解釈 (4)
その他 (38)
コラボレーション (28)
朝の詩 (7)
精神病について、せめて、少しでも知ってもらう為に。 (2)
バトン (3)
お知らせ (1)
愛 (9)
希望の詩 (9)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます。

人目の訪問者です。

月の詩集訪問者数~現在~

現在の閲覧者数:

Copyright (C) 月の詩集. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。